アルテミス ウイメンズ ホスピタル

メニューを開く
お食事

お食事

コンセプト

出産という人生の一大イベントを心ときめく食事で演出し、より大きな感動を味わっていただきたい。そして、子育てという大切な事業に取り組むお母様達を、食を通じて応援したい。これが、産婦人科の入院患者様に食事を提供する際の私たちの願いでありゴールです。そのゴールをめざし、次の4つの課題に取り組んでいます。
武谷典子
副理事長 武谷 典子
(たけたに・のりこ)

1. 安全はトップ・プライオリティ

安全はトップ・プライオリティアルテミス ウイメンズ ホスピタルの食事を担当している東急ファシリティサービスのスタッフは、一流ホテルで培った経験と理論を元に、徹底的な安全管理を行っています。清潔な厨房、清潔な調理、食材の安全管理等の内部の安全管理はもとより、汚染や食品添加物に目を光らせ安全な食材を厳選しています。

2. 減塩・脱化学調味料

減塩・脱化学調味料忙しい暮らしの中、私たちは外食や出来合いの総菜に頼りがちです。そのため、どうしても塩分や化学調味料を摂りすぎになっていないでしょうか。塩分の摂りすぎは、むくみや過食の原因となり太り過ぎを招きます。また、カルシウムの摂取を阻害することもあり、妊産婦の健康の大敵です。化学調味料の摂りすぎもまた、過食の原因となりますし、食材本来のおいしさを見失うもとともなり、お子様の成長に大切な役割を果たす食育の妨げとなります。
私たちは、一日の塩分使用量を10g以内とすること、化学調味料を最小限に抑えることの二つのルールを徹底して守っています。もしも、当院のお食事を「薄味過ぎる」とお感じになるようでしたら、これまで塩分の摂りすぎだったとご理解ください。当院で出産される皆様が、入院している間に、自然に食生活をリセットして、退院後の健康管理とお子様の食育に取り組むことを願っています。(塩分の摂りすぎは、過食や肥満に加え、お酒の飲み過ぎの原因ともなり、生活習慣病のリスクを高めます。これを機にご家族全員で減塩に取り組んでみてはいかがでしょうか。)

3. バランス良くシッカリ栄養を摂ってください

バランス良くシッカリ栄養を摂ってください妊産婦にとって、食事を通じて十分な栄養をバランス良く摂ることは極めて大切です。妊娠中は胎児の成長と母体の健康のために、そして、産後は母体の回復と赤ちゃんの健やかな成長のために、しっかりと栄養を摂ってください。母乳は、お母さんの食べたものから作られ、赤ちゃんの健康に大きな影響をもたらすのです。
ところが、近年、妊娠中のダイエットのしすぎで低体重児が増えています。また、間違った情報や迷信のために偏った食生活をして、妊娠・出産の大事な時期に必要な栄養をとれないでいる方もお見かけします。
授乳中は“和食が良くて洋食は駄目”という和食信仰も、そうした間違った情報によるものです。和食は、私たち日本人が世界に誇ることができる健康的で優れた料理であることに間違いはありません。しかし、無条件に和食が良いとするのは迷信にとらわれた考えです。和食偏重の食事には二つの大きな欠点があります。カルシウム不足と塩分の摂りすぎです。妊娠・授乳期は、普段より多くのカルシウム摂取の必要があります。母乳を通じて赤ちゃんにカルシウムが与えられますので、カルシウム不足は赤ちゃんの健やかな成長を妨げます。また、塩分の摂りすぎは、上記2の項でご説明したように多くの害があります。
私たちは、和食の欠点を十分に認識した上で、様々な工夫を施し、和食メニューを積極的に提供しています。そして、フレンチ、イタリアン、中華等、世界の優れた調理法を取り入れ、バラエティある食事を提供し、栄養バランスの維持に努めています。

4. おいしくなければ意味がない

おいしくなければ意味がない「良薬は口に苦し」ということわざがありますが、こと食事に関しては当てはまりません。おいしく食べることは、栄養のバランスの良い摂取と肥満の防止につながると言われています。私たちは、「おいしい」ということをとても大切に考えています。
おいしいお料理であるための第一の条件は良い食材です。安全であるだけでなく質の良い食材を厳選しています。たとえば、お米は新潟県の契約農家から取り寄せ、当院の精米機で精米しています。また、牛肉は安全でヘルシーでおいしいオーストラリア産の上質のお肉を取り寄せています。
真の「おいしい」を作り出す二番目の条件は、減塩・脱化学調味料です。減塩・脱化学調味料は、いわゆる「早食い」を防ぎ、よく噛み、素材のデリケートな味を味わっていただくために役立ちます。
三番目にあげられるのがシェフの腕です。私たちが提供しているお料理は、ホテルで修行した腕のよいシェフ達が調理を担当しています。和食、フレンチ、中華と、それぞれが専門分野を持ちながら、同時にオールマイティの幅広い調理技術を発揮して、三度のお食事からおやつまで、バラエティあふれるメニューを提供しています。出産のセレブレーションディナーは、そんなシェフ達が、知恵をしぼり献立を考え、技術の粋をつくし、心をこめてご用意する自慢の一品です。心ゆくまでご堪能ください。
「おいしい」の四番目に来るのが雰囲気です。スタッフの接遇態度でお食事の雰囲気は大きく変わります。せっかくのお料理もぞんざいな配膳をされたら台無しになってしまいます。私たちの配膳スタッフは、東急ホテルの接客教育係の指導の下で研修を重ね、患者様が気分良くお食事を召し上がることができるよう心を込めたサービスの提供に努めています。
お食事をする環境も大切です。産後は4階のカフェテリアで召し上がっていただいています。見晴らしの良い開放的な空間で、壁面いっぱいにとられた窓からは大きな富士山が望めます。また、清掃には特に力を入れ、清潔な病棟の維持を心がけています。
病院の食事というと、おいしくない食事の代名詞のように言われることがよくあります。実際、決まり通りの栄養計算だけして、味見もしないで食事を出している病院も多くあります。私たちはそんな病院食のイメージを根本から変えるような、「どんなレストランにも負けないおいしい病院食」を目指しています。

スタッフ紹介

横道 友理子
管理栄養士 横道 友理子
女子栄養大学栄養学部実践栄養学科卒
藤森病院(卒業後、病院栄養士として勤務)委託給食会社で約3年間、病院の厨房にて患者食提供に従事。
資格 管理栄養士・栄養教諭・西東京糖尿病療養指導士
趣味 料理・バトミントン・音楽鑑賞
患者様への一言 患者様の心に寄り添い、ほっと安心してご相談いただけるような、管理栄養士を目標にしております。どんな些細なことでも、気軽にお声かけくださいね。
土屋 忠保
料理長 土屋 忠保
埼玉県さいたま市生まれ。日本料理 あら井、東急ファシリティサービス(NHK食堂・スタジオカフェ)歴任。
レストランより美味しいごはんを目指す きよせの森総合病院の極上健康レシピ
著作「レストランより美味しいごはんを目指す きよせの森総合病院の極上健康レシピ」
和食で四季を楽しみ、洋食や中華の彩りに心躍らせる…こんな病院食があったのか!もちろん、栄養バランスやカロリーもバッチリ。身近な魚や野菜も、手間と盛りつけで変身!油分を抑えるポイントや美味しく仕上げるコツ満載。
土屋料理長に聞きました!
Q. 日頃気をつけている点は何ですか?

産前・産後の方々に召し上がっていただく食事なので、塩分量に特に気をつけています。また目でも楽しめるよう、盛り付けや色合いを工夫しながら、減塩で美味しいレシピ作りを心がけています。

Q. レシピ考案する際に工夫した点、苦労した点はありますか?

たとえば、付け合わせなどで使う野菜をあらかじめ吸物の出汁につけておき、塩分量を抑えて薄く味付けした点です。ほかには塩麹やしょうゆ麹も、塩分量を抑えるのに役立ちます。

Q. 2013年、病院食に対するイメージが少しずつ変わってきたことについて、どう思いますか?

食事を作る側は勿論、病院に来て食事を召し上がる皆様にとっても、大変喜ばしいことだと思います。病院食が家庭やレストランで召し上がる料理と変わらない「健康に良くて美味しいごはん」であることが当たり前になれば嬉しいですね。

セレブレーションディナー

セレブレーションディナー


エディブルフラワーのサラダ
エディブルフラワーのサラダ
ご出産のお祝いに食べられる花束を。
エディブルフラワーと季節の果物を合わせた、カラフルでこころ華やぐサラダです。
季節の野菜と海老のゼリー寄せ
季節の野菜と海老のゼリー寄せ
5種の野菜と海老が宝石のように輝く、色鮮やかなゼリー寄せです。
豆乳わさびソースを付けて、それぞれの素材の美味しさをお楽しみください。
フィレ・ミニョンのステーキ&ホタテのグリル 季節の温野菜添え
フィレ・ミニョンのステーキ&ホタテのグリル 季節の温野菜添え
最も柔らかで希少な部位のフィレ・ミニョンのステーキをお届けします。最上級の赤身肉に香ばしい焼き目をつけてから、15分間、真空低温で調理しました。
   ミディアム・レア、ミディアム、ウエルダンの三種類の焼き方をご用意しました。どの焼き方でも柔らかで美味しく召し上がれますが、お肉の美味しさが一番味わえるミディアム・レアをお勧めします。
   シェフ手作りの藻塩と昆布塩ジュレポン酢をお好みでどうぞ。ホタテのグリル、季節の野菜とともに。
天使のふんわりキャラメルムース 季節のフルーツジュレ
天使のふんわりキャラメルムース 季節のフルーツジュレ

ワンプレートに2種のデザートを用意しました。ほろ苦いキャラメルムースはふんわり優しい口溶けです。紅茶のソースとサクサクのチョコパイを添えて大人の味に仕上げました。

 季節のフルーツジュレは、旬の果物をかわいらしくグラスにあしらったさわやかなデザートです。



豪華お子様お祝い膳
豪華お子様お祝い膳

かわいいアンパンマンライスとお子様に人気のおかずの盛り合わせです。ケチャップ味のアンパンマンに、一口フィレステーキ、海老フライ、鶏の唐揚げ、季節の野菜とフルーツを添えました。

 デザートはお子様にも召し上がりやすいプチシューを、パフェのように可愛くトッピングしました。フルーツと一緒にお召し上がりください。

※ 有料/1,680

産後特別メニュー

栄養バランスの取れた産後特別メニュー

お産後は産後特別食を提供します。正常分娩の場合は、出産当日まではお部屋で、翌日から4階カフェテリアでの食事になります。帝王切開の場合は、3階病棟に移動するまではお部屋で、移動後は4階カフェテリアになります。

余分な塩分を加えないよう塩分を調節しています。また産後に必要な栄養を十分に摂れるようカロリー計算しています。食べ物の持ち込みは、栄養と衛生の管理に支障が生じるので禁止します。

産後3日目(帝王切開は産後5日目)にセレブレーションディナーを提供します。

産後は、「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」をバランスよく摂ることが理想です。勿論、ビタミン・ミネラルも必要です。色々な食品を満遍なく食べることで、過不足なく栄養素を摂取できます。いくら産後に不可欠とされるような鉄と葉酸も、そればかりでは栄養が偏ってしまいます。大切なことは、色々な食品を適量で食べることです。エネルギー、栄養素は専門の栄養士に管理されていますので、安心してお召し上がりください。

『脂肪分が母乳に与える影響について』
産後のお母さんは、分娩で疲れた体を回復させ、更に母乳をあげなければなりません。まずは、しっかり栄養のある食事を摂って休養することが第一です。インターネットや雑誌で「脂肪分がおっぱいの詰まる原因になりやすい。」とよく言われていますが、これは単に食べ過ぎで起きてしまうことがほとんどです。産後1週間頃までは、母乳が生産されている途中です。食べたもので、母乳分泌に影響を受けることはありません。病院で用意しているお食事は、炭水化物、脂質、たんぱく質がバランスよく計算され、ビタミンやミネラル、食物繊維も十分含まれているので安心してお召し上がりいただけます。ただ、持ち込みの食べ物は1日のカロリーを超えてしまうので、お控えくださいますようお願いします。入院中は、素材にこだわった3時のおやつがあります。糖分を上手に補給して脳をリラックスさせることは、ストレス解消に繋がり、母乳の分泌を良くします。日々の疲れを癒すため、どうぞお楽しみいただければと思います。

『アルコールが母乳に与える影響について』
アルコールは、血液の流れにのって母乳に移行しますが、少量を嗜む程度でしたら、問題はないと言われています。ご出産の記念に、セレブレーションディナーで「アルコール飲料」を提供していますが、次の授乳までに分解・排泄されますので、赤ちゃんに直接害を与えることはありません。ご心配の方は、授乳後に飲まれることをお勧めします。

焼きたてパンバイキング
焼きたてパンバイキング
鮭の南蛮焼き
鮭の南蛮焼き
自家製シリアルと手作りベーコン
自家製シリアルと手作りベーコン
醤油麹の照り焼きバーガー
醤油麹の照り焼きバーガー
ひじき入り豆腐ハンバーグ
ひじき入り豆腐ハンバーグ
海老のジェノベーゼパスタ
海老のジェノベーゼパスタ
チンジャオロース
チンジャオロース
豚バラ肉のローストスペアリブ風
豚バラ肉のローストスペアリブ風

 

ご家族のお食事(有料オプション)

1. 産後特別食

お食事を希望されるご家族には産後特別食を有料で提供します。締め切り時間までにコンシェルジュにお申し付けください。詳しくはこちらをご覧ください。

2. セレブレーションディナー

通常分娩の患者様には産後3日目、帝王切開の患者様には産後5日目の夕食にセレブレーションディナーを提供します。希望があればご家族やお連れ様にも有料で提供します。締め切り時間までに焼き加減と食事数をオーダーシートでご注文ください。詳しくはこちらをご覧ください。

PAGE TOP