アルテミス ウイメンズ ホスピタル

受診案内

外来受診案内

各種婦人科疾患の手術治療

アルテミス ウイメンズ ホスピタル 理事長 武谷 雄二

アルテミス ウイメンズ ホスピタルは妊娠、出産が安全に経過することをお手伝いいたすとともに、不妊治療およびさまざまな婦人科の病気をお持ちの方の治療にあたっています。婦人科の病気は時に手術が必要となることがありますが、充分な治療効果を発揮しながら、できるだけからだの負担を軽くする手術があります。

当院では、腹腔鏡手術、膣式手術、開腹手術等、症例に応じ、適切な治療手術を施行しております。

たとえば卵巣の良性腫瘍、子宮筋腫、子宮内膜症といった大変頻度の高い婦人科疾患の多くは、おなかをあけることなく腹腔鏡手術といっておなかに数か所小さな傷を開け、そこから機械を挿入して手術を行うことが可能であります。また子宮の中に子宮筋腫やポリープといった良性の腫瘍が発生し、それが不正出血や不妊の原因となることがあります。この場合はからだの表面にまったく傷をつけることなく子宮の中の病巣を取り除くことができます。これは子宮鏡手術といわれています。

腹腔鏡手術と子宮鏡手術などを内視鏡手術と呼んでいます。内視鏡手術は術後の痛みが軽く、入院日数も短く、早期の回復が期待できます。さらに美容上のメリットも大変大きいといえます。

 

1. 手術実績

2. 婦人科内視鏡手術の解説

PAGE TOP