アルテミス ウイメンズ ホスピタル

無痛分娩について

無痛分娩について

無痛分娩の概要

無痛分娩を受ける方は無痛分娩説明会の参加必須です。開催日はこちらからご確認ください。

1. 無痛分娩とは

無痛分娩とは、麻酔を用いて痛みを緩和しながら分娩(経膣分娩)を行うことです。無痛分娩は、経腟分娩の際の痛みを麻酔薬や麻薬などを用いて和らげ、分娩に伴う母体の体力消耗や不安感、恐怖感など極力低下させることを目的としています。分娩中の疼痛緩和には様々な方法がありますが、当院では硬膜外麻酔を用いて無痛分娩を実施しています。

2. 硬膜外麻酔とは

硬膜外麻酔とは、脊髄の外側の硬膜外腔に背中から細いチューブを挿入し、必要なときまたは持続的にそこから麻酔薬を注入する方法です。陣痛が増強した時点で麻酔を開始し、分娩が終了した後にチューブを抜去します。脊髄の外側に硬膜外チューブを挿入し、無痛準備をしながら分娩誘発し、容態観察をすることを、当院では「無痛誘発管理」と呼んでいます。詳しくは「無痛分娩の麻酔についての説明」をご覧ください。

3. 無痛分娩のメリットとリスク

(1) 無痛分娩のメリット

麻酔の効果には個人差があります。無痛分娩の麻酔は、痛みを完全に取り除くのではなく、緩和させるのが目的です。ですから、厳密には和痛分娩と呼ぶ方が適切ですが、誤解を避けるため、ここでは一般に慣れ親しまれている「無痛分娩」という呼び名を使用します。分娩にともなう痛みが和らぐことにより、分娩による母体の体力消耗を軽減します。また、産道の緊張が解けることにより、分娩がスムーズに進行することもあります。

(2) 無痛分娩のリスク

  1. 分娩時間が長引くことがある : 陣痛による子宮の痛みを感じる脊髄の神経領域と子宮の収縮を起こす神経領域が近いため、麻酔により陣痛が弱くなったり、子宮口が全開してからのいきみが感じられなかったりすることがあります。その場合、分娩所要時間が長引くことがあります。
  2. 鉗子・吸引分娩が多くなる傾向がある : ほとんどの無痛分娩では、陣痛促進剤が必要になります。いきみの感じがわからなくなると、鉗子・吸引分娩でお手伝いすることになります。普通分娩と無痛分娩を統計的に比較した場合、帝王切開になる率に差はありませんが、鉗子・吸引の率は無痛分娩で高くなる傾向が見られます。
  3. 発生頻度は低いものの、以下のような合併症が生じる可能性がある ( 万一合併症が発生した場合には責任をもって対処します )。
  1. 硬膜穿孔 : 硬膜外麻酔の際、硬膜を傷つけ麻酔が効きすぎ頭痛を引き起こすことがある。
  2. 感染 : 十分な消毒を行っても、まれに麻酔チューブ挿入部より感染が起こることがある。
  3. 血腫形成 : 挿入部に血腫を作ることがある。血腫が神経を刺激してしびれなどの症状がでることもあるが、血腫が消失すれば通常その症状も消失する。ごくまれに大きな血腫ができると足の麻痺の後遺症が残ることもあり得る。
  4. 血圧低下: 麻酔により血管の抵抗が減少し血圧が低下することがある。血圧が極端に低下すると母体だけでなく胎児にも影響がおよぶ。
  5. 薬物アレルギー : 麻酔薬に対するアレルギーにより、発疹、耳鳴り、血圧低下、ショックなどの症状がでることがある。

4. 注意事項

無痛分娩の際の注意事項です。何か質問がありましたら、担当医師に相談してください。

  1. 無痛分娩は硬膜外カテーテルの留置や麻酔薬の注入があるため、頻回の血圧測定等が必要になります。その為、 病棟スタッフの多い昼間に計画分娩で行います。
  2. 入院日は、内診所見等により妊娠 10 ヶ月に入ってから、担当医が外来診察時に決定します。
  3. 無痛分娩入院予定の前に、陣痛の始まりや破水する場合があります。可能な限り無痛処置を行いますが、夜間や休日又は病棟の状況で行えない場合があります。
  4. 分娩誘発を行っても有効な陣痛が得られず、1日では分娩に至らない場合があります。
  5. 骨盤位 ・ 双胎分娩 ・ 帝王切開の既往のある方は、無痛分娩は行えません。
  6. 陣痛が始まり LDR に入室後、痛みが耐えがたくなり無痛分娩に切り替えることを希望する方は、その旨担当の医師に告げてください。

無痛分娩説明会

無痛分娩を受ける方は参加必須です。ご検討中の方も是非参加されることをお勧めします。ご不明な点などありましたら、産科受付までお問い合わせください。


  1. 開催日 :12月1日(土)、12月15日(土)、2019年 1月12日(土)、1月26日(土)
    ※ 今後の開催日は、決定次第こちらのぺージでお知らせします。
    ※ 開催日の2ヶ月前からWEB予約ができます。
  2. 時 間 : 9:20~9:50
  3. 場 所 : 4 階ホール
  4. 対 象 : 当院での無痛分娩を希望していることを医師に伝えた方は参加必須です。
  5. 定 員 : 22名(付き添いは1名まで可能)
  6. 内 容 : 無痛分娩の麻酔についての説明をご覧ください。
  7. 担 当 : 麻酔科部長 清水 英史
  8. 予 約: WEBからお取りください。

無痛分娩の麻酔の説明

アルテミス ウイメンズ ホスピタルで行っている無痛分娩は、硬膜外(こうまくがい)麻酔を行うことによって陣痛・出産・産後処置の痛みを軽減する方法です。痛みの感じ方には個人差があるため、効果の感じ方もそれぞれです。

無痛分娩はどんな人が出来るの?

基本的には、無痛分娩に適応出来ない方以外は誰でも適応になります。
無痛分娩に適応出来ない方とは、血液が固まりにくい(抗血栓療法を含む)方、特殊な心臓病がある方、脊椎の手術後の方、側弯症の方、麻酔に協力できない方です。
痛みに弱い、痛いことが不安、出産後の体力を温存したいなどの理由や医学的適応(妊娠高血圧症、妊娠糖尿病、肥満、てんかん、パニック症候群、不安神経症など)で無痛分娩になることがあります。

硬膜外麻酔とは?

硬膜外麻酔は、背骨の中の脊髄を保護している硬膜という膜の外側に硬膜外カテーテル(細い管)を留置して、そこから局所麻酔薬と少量の麻薬を投与する方法です。硬膜外麻酔による無痛分娩は効果が高いだけでなく、お母さんと赤ちゃんに対する副作用が少ないため世界中で最も標準的な方法として普及しています。

硬膜外麻酔は、麻酔科医だけでなく経験豊富な産科医師が行います。当院の産科医師は、硬膜外麻酔の経験が豊富で効果も麻酔科医と違いはありません。トラブル対処にも長けているため安心して麻酔を受けていただけます。

硬膜外カテーテルを挿入する際には、点滴・お母さんのモニター装着・胎児心拍モニタリング装着後に、ベッドの上に横になったり(側臥位)座ったり(座位)した状態で猫のように丸くなっていただきます。

最初に細い針で十分に麻酔をしてからカテーテルを挿入するので注射自体はそれ程痛みはありません。カテーテルの挿入までにかかる時間は消毒の時間を含めて15分程度です。カテーテル自体は非常に細く柔らかいので、一旦入ってしまうとほとんど気になりません。カテーテルが入ると数回に分けて局所麻酔薬を投与しますが、十分に痛みが取れるまでに20~30分程度の時間がかかります。麻酔がかかった後は、麻酔の効果範囲を確認します。無痛分娩に必要な効果が認められない場合は、カテーテルの調整(全体の約15%)や、カテーテルの入れ直し(全体の約5%)が必要になることもあります。十分な効果を確認できた後は、痛みに応じて数十分おきに局所麻酔薬を追加する方法もしくは局所麻酔を持続で投与する方法で行います。場合によっては局所麻酔を持続で投与しながら痛みに応じて局所麻酔薬を追加する方法を同時に行います。無痛分娩の進行中は随時、麻酔効果判定を行いカテーテルの調整(入れ替えを含め)を行います。

カテーテルが血管内に入ってしまうことがあります。この場合には、局所麻酔薬を投与した後に局所麻酔薬中毒の症状(初期には、唇の痺れ・鉄の味がする・不穏になるなど)がみられます。この場合には、カテーテルを入れ直しが必要となります。さらに局所麻酔中毒がすすんでしまった場合には、痙攣や心停止が起きることもあり治療が必要な場合があります(無痛分娩の麻酔による死亡原因の1位)。

カテーテルが硬膜内に入ってしまうことがあります。この場合には局所麻酔薬を投与した直後に麻酔により下半身が動かなくなったり、呼吸が苦しくなることがあります。さらに多量の局所麻酔薬が硬膜内に入った場合には、痙攣や意識消失や呼吸停止などの重篤な症状が見られ治療が必要な場合があります(無痛分娩の麻酔による死亡原因の2位)。

カテーテルは出産後にしびれや運動障害などの麻酔の影響がみられなくなってから抜去をします。

赤ちゃんに悪い影響はないですか?

硬膜外麻酔で行う無痛分娩では、投与する薬の量がとても少ないため胎盤を経由して赤ちゃんに影響を与えることはほとんどありません。むしろ、無痛分娩で痛みのコントロールをすることで胎盤血流が改善するので、赤ちゃんにとっても、良い影響が期待されています。また、投与する薬の量が少ないため、分娩直後の授乳に関しても何ら問題はありません。

しかし、麻酔が効きすぎた時には、お母さんの血圧が低下して、間接的に赤ちゃんへの血流が減少する可能性がありますが、お母さんのモニターから血圧を定期的に測定して、低血圧が認められたら適切に対応することで、赤ちゃんへの悪影響が起こることはほとんどありません。

分娩時間はのびますか?

無痛分娩を選択した初産婦さんは、選択しなかった初産婦さんに比べて、分娩第2期(子宮口が全開してから赤ちゃんが産まれるまでの期間)が平均1時間程長くなります。経産婦さんでもやはり分娩第2期は延長します。しかし、分娩第2期の多少の延長は特に問題はないとされています。

帝王切開や器械分娩になりませんか?

無痛分娩では、痛みの低減だけでなく、いきむ力が弱くなることがあります。その結果として、器械分娩(吸引分娩・鉗子分娩)の割合は増加します。

しかし、経腟分娩から緊急の帝王切開に移行する割合は増えないことがわかっています。

会陰切開の割合は増えますか?

進行がスムーズであれば、会陰切開の割合は増えません。しかし、いきむ力弱くなり器械分娩となった場合は、これに対応するために多くの場合は会陰切開が必要となります。

子宮収縮薬は必ず必要ですか?

当院では、無痛分娩は基本的に計画分娩で行っています。計画分娩を行う場合には、必ず子宮収縮薬(誘発剤・促進剤)が必要となります。それだけではなく、硬膜外麻酔による無痛分娩の開始後に子宮の収縮が悪くなることがあるので、子宮収縮薬を使用しなければ途中で分娩が進行しなくなります。

計画分娩ではない分娩開始後に無痛分娩を行う場合は、子宮収縮薬を必要としないこともあります。分娩開始後でしっかりとした子宮収縮がみられるときには、硬膜外麻酔による子宮収縮力の低下が問題にならないこともあります。分娩の進行を考慮せずに子宮収縮薬を拒否することは、お母さんにとっても、赤ちゃんにとっても良いことにはなりません。分娩の状況によって適切に子宮収縮薬を使用することが良い分娩に繋がります。

無痛分娩にするかはいつ決めればいいですか?

当院では、基本的に計画分娩による無痛分娩を行っているため、事前(妊娠30週前半頃)に無痛分娩にするか決めます。

しかし、麻酔を行える医師がいる日中であれば、分娩進行中であっても無痛分娩を受けられることもあります。自然分娩の進行中であっても、無痛分娩に切り替えたい時は担当医にお伝えください。

無痛分娩中、食事の摂取はできますか?

硬膜外麻酔による無痛分娩が進行中には原則として食事を摂ることはできません。胃の中に食べ物があると、嘔吐した際に誤嚥し大変危険な状態になることがあります。日中に分娩が進まないなどの理由で当日の分娩がなくなった場合は食事摂取が可能な場合があります。

飲水に関しては、水、スポーツドリンク、お茶であれば飲むことが可能です。嘔吐しないように少量ずつ飲むようにしてください。

麻酔を開始した後はどう過ごすのですか?

硬膜外麻酔による無痛分娩を開始した後は基本的に横向きに寝て過ごしていただきます。特に麻酔後に仰向けになると血圧が下がって気持ちが悪くなる事があります(仰臥位低血圧症候群)。お母さんの血圧が下がっている時は、赤ちゃんへの血流も減ってしまいます。麻酔開始時からお母さんの血圧を数分おきに測定するだけでなく、分娩監視装置を使用して赤ちゃんの状態を確認しています。

痛みは最初から最後までしっかり取れますか?

無痛分娩の開始時期は分娩第1期(陣痛開始から子宮口が全開するまでの期間)となり子宮の収縮による内臓痛です。子宮口全開してから赤ちゃんが娩出するまでが分娩第2期(子宮口が全開してから赤ちゃんが産まれるまでの期間 )となり体性痛となります。硬膜外麻酔による無痛分娩では、内臓痛は弱い局所麻酔薬でコントロール可能なことが多いですが、体性痛は強い局所麻酔薬でないとコントロールすることは難しいです。しかし、強い局所麻酔薬は子宮収縮を弱めてしまい、分娩を停止させてしまうこともあります。可能な限り痛みは少なく分娩が進む状態を目指して無痛分娩を行っていますが、やはり分娩第2期に入ると痛みを訴える方が増えます。

麻酔はいつまで続けますか?

硬膜外麻酔は分娩まで持続で局所麻酔を投与しますが、会陰切開後の創部の縫合の時は麻酔の効果は残っているので痛みはあまり感じません。硬膜外カテーテルは分娩後、数時間で抜去することになります。硬膜外カテーテルを抜去する頃には後陣痛の痛みが出ていますが、後陣痛は飲み薬や座薬が効きやすい痛みなのであまり心配することはありません。

無痛分娩での分娩後に気をつけることはありますか?

無痛分娩での分娩後は、体力の消耗も少なく元気に活動できることがほとんどですが、麻酔の合併症を見逃さないように注意する必要があります。

赤ちゃんを産んだ翌日以降、頭が痛くなることがまれにあります(全体の約1%)。ベッドで安静にしているのが望ましいですが、体を起こしたときにひどくなるのが特徴です(硬膜穿刺後頭痛といいます)。ほとんどの方は治療を必要とせずに症状が軽快しますが、症状が治まらない時は治療が必要になることもあります。

さらに頻度はまれですが、背骨の中で出血してできた血の塊(血腫)が脊髄を圧迫して下半身の麻痺や排尿障害を起こすことがあります。頻度は20万人に1人くらいの割合で起こります。麻酔を終了した後も2時間以上、感覚が戻ってこない時や動かない時や排尿ができない時は必ず伝えてください。

他には、硬膜外麻酔の影響で膀胱に尿がたまっていることがわからない方がいます。膀胱に尿がたまって、長時間排尿できないでいた方は一時的に膀胱麻痺が起きる可能性があります(全体の約1%)。

引用書籍(一部文章と図画を使用しています)
・順天堂式無痛分娩Q&A50 竹田省著
・無痛分娩の基礎と臨床改訂第2版 角倉弘行著
・硬膜外無痛分娩安全に行うために改訂3版 照井克生著
・図表でわかる無痛分娩プラクティスガイド 入駒慎吾著
・ワンランク上の産科麻酔に必要なエビデンス 照井克生監修

無痛分娩の費用

(1) 無痛誘発管理料

無痛誘発管理とは、脊髄の外側に硬膜外チューブを挿入し、無痛準備をしながら分娩誘発し容態観察をすることです。
 1日目:30,000/日
 2日目以降:日額20,000/日

(2) 無痛麻酔管理料

無痛麻酔管理とは、無痛誘発管理中に疼痛緩和薬剤を使用し痛みをコントロールすることです。無痛麻酔管理中に出産することを無痛分娩とよびます。
 20,000

(3) 無痛分娩料

  1. 無痛分娩で出産した場合は、無痛誘発管理料および無痛麻酔管理料は請求せず、無痛分娩料108,000を申し受けます。
  2. 無痛誘発管理をしたものの、無痛分娩で出産しなかった場合は、全入院期間にかかった無痛誘発管理料と無痛麻酔管理料の合計(上限80,000)を申し受けます。
  3. 無痛分娩説明会未受講の方が無痛分娩を希望される場合は別途説明料2,000を申し受けます。

(4) その他の費用

無痛分娩に関わる費用の他に、入院1日につき23,000(入院基本料20,000/日+室料3,000/日)がかかります。

※ 単位は円

診療実績

無痛分娩件数

麻酔管理者

急変時の体制 他

分娩に関連した急変時の体制

  1. J-CIMELS受講歴のある医師が常駐しています。
  2. 一般的なガイドラインに則った治療を行っています。
  3. 平日の日中に限り、週4日は麻酔科専門医が常勤しているため、高度な対応が可能です。

日本産婦人科医会偶発事例報告・妊産婦死亡報告事業への参画状況

参画しています。

2018年3月29日に厚生労働省よりなされた「無痛分娩の安全な提供体制の構築に関する提言」に基づき、当院の無痛分娩診療体制に関する情報を記載いたします。

2018年11月更新

PAGE TOP